全員に二次会景品を

トラック二次会景品を手配するうえで、即日出荷できるところを抑えておくことは、幹事にメリットがあるというだけではありません。予算に関わることは重要ですが、それだけのために即日出荷を活用するのではなく、ゲスト全員に景品がいきわたるようにすることもできるからです。人数の把握をぎりぎりまで伸ばしていくと、それだけゲストの人数を把握することができるでしょう。その後、ぎりぎりでも発注できるところがあれば、だれかに景品がいかないということを防ぐことができます。参加賞的なものでも、配ることができなければ、不満が募ることも出てきます。そうならないような配慮も、幹事の大事な仕事です。

即日出荷といっても、発送できないようなときも出てきます。休日が絡むような場合もあれば、その日の時間も決まりが出てくるため、何時までにオーダーを出せばいいのか、曜日との絡みも確認しておくことが必要です。ある程度わかりやすくまとめている情報があるはずですので、そういったものを活用し、具体的にどこまで待てるのかということを確認しておくといいでしょう。時間の制限がわかれば、それだけ行動にも余裕が出てきますので、幹事としての負担も軽くなるはずです。

推奨サイト・・・二次会景品
(12時までの注文であれば即日集荷対応している景品通販サイトです。)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket