未分類 Archive

全員に二次会景品を

トラック二次会景品を手配するうえで、即日出荷できるところを抑えておくことは、幹事にメリットがあるというだけではありません。予算に関わることは重要ですが、それだけのために即日出荷を活用するのではなく、ゲスト全員に景品がいきわたるようにすることもできるからです。人数の把握をぎりぎりまで伸ばしていくと、それだけゲストの人数を把握することができるでしょう。その後、ぎりぎりでも発注できるところがあれば、だれかに景品がいかないということを防ぐことができます。参加賞的なものでも、配ることができなければ、不満が募ることも出てきます。そうならないような配慮も、幹事の大事な仕事です。

即日出荷といっても、発送できないようなときも出てきます。休日が絡むような場合もあれば、その日の時間も決まりが出てくるため、何時までにオーダーを出せばいいのか、曜日との絡みも確認しておくことが必要です。ある程度わかりやすくまとめている情報があるはずですので、そういったものを活用し、具体的にどこまで待てるのかということを確認しておくといいでしょう。時間の制限がわかれば、それだけ行動にも余裕が出てきますので、幹事としての負担も軽くなるはずです。

推奨サイト・・・二次会景品
(12時までの注文であれば即日集荷対応している景品通販サイトです。)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

二次会景品と予算予測

蟹二次会景品ということでは、さまざまな設定から導き出していかなければいけません。収入源となるのは、会費になるのは間違いのないことですので、どこまで予想できるのかによって、二次会景品の中身は変わってきます。何でもいいということにはなりませんし、盛り上げるためには予算もうまく使っていかなければいけません。ですが、参加会費を高くすれば、人数はだんだん減ってくるでしょう。ゲストの構成によっても変わってきます。もちろん、不満が出ないようにしなければいけませんので、予算の配分に時間がかかってくることもあるでしょう。

こうした事情を抱えていくことになる幹事にとって、即日出荷は強い味方になります。ぎりぎりまで参加者の数を把握することができるため、予算を超過してしまうようなことを避けることができるからです。予測はあくまでも予測であり、上回った参加者が出すぎても問題が出てきますし、下回れば予算に影響が出ます。

どちらに転んでも、精度が下がることになるのですから、二次会景品をぎりぎりまで伸ばすことができることはメリットが多いでしょう。どこでもできることではありませんが、可能なところの情報を押さえておけば、それだけ時間の預通も作り出せることができるはずです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket